No. A142-01003

利休屏風 秋草

  • 受注生産商品
秋の草花を描いたこの屏風の元絵は、酒井抱一の「月に秋草図屏風」です。

酒井抱一は江戸時代後期に活躍した絵師で、琳派を代表する1人です。琳派の雅な画風を取り入れ詩情ある画風に定評が高く、江戸琳派の祖と言われています。

「月に秋草図屏風」は絹本金地着色ですが、この作品は青貝箔という箔一独自の色彩箔を背景とするなど、元絵とは趣向を違えた独自の世界観を築きました。

元絵と共通するのはは、月光に照らされてわずかに緑色に光る葉や桔梗、芒、女郎花などです。これらは抱一の画風を踏襲しつつも金沢箔がもつ奥行深い色合いで描いています。また月を背景に絶妙な配置で描かれている葛は、ダイナミックに空間に動きを与える効果があり、この特長も元絵と共通しています。

背景の色彩箔は、裏箔(うらばく)という技法で押し紙にしています。裏箔とは鳥の子和紙をベースに箔を貼り、さらにその上から絹の紗を貼った技法の事です。わずかに靄のかかったような光沢を押さえた穏やかな質感となり、月の光と夜空のコントラストを色彩と質感で巧妙に表現しています。
販売価格¥1,620,000(税込)

Information

納品までの期間 90日
送料について 送料無料
支払方法について 銀行振込、クレジットカード
返品交換について 返品交換についてはこちら

実物の金屏風を見たいお客様へ

ショールームまでの交通費を全額ご負担いたします。

箔一では、実物の屏風のご覧希望のお客様に向け、お客様がショールームまでお越しいただき、商品を最終購入いただきまたら交通費を全額負担させていただくサービスを提供しております。
ショールームへお越しいただく際には、下記の予約フォームから必要事項をご記入の上ご希望の日程をお知らせくださいませ。

ショールームへのご予約はコチラから

【サービス利用の条件】

当サイトより、事前にショールームをご予約いただいた方
日本国内在住の方
ショールームにて閲覧後、購入商品の総額が1,000,000円(税抜)の方
上記サービスの適用は、同行者を含めて2名までとします。
酒井抱一の世界観を空間に

酒井抱一の世界観を空間に

静かな秋の夜、月光をあびて光る秋草を詩情に富んだ作風で仕上げられた酒井抱一の作品をアレンジし、さらに情緒豊かに、金沢箔の輝きを月の光と見立てて描いた作品です。京都の公家、二条家の襖絵として描かれたと言わている作品を切り取り、空間を彩る屏風として仕上げました。
重量 8.5kg
素材 青貝箔、色彩箔
サイズ W1442×H1525×D20mm
技法 盛上箔絵
使用上の注意 ・色あせや変色の可能性がありますので、直射日光が当たらない場所に設置、保管することをお勧めいたします。
・商品を飾り付けの際は、同封の手袋をお使いください。
・高温多湿の場所、または極度に乾燥した場所への飾り付けや保管は商品が傷む原因になります。
・ぬれた手で商品を触らないようにしてください。
・紙で出来ておりますので、強く触れると破れる恐れがあります。
利休屏風 秋草 利休屏風 秋草 秋の草花を描いたこの屏風の元絵は、酒井抱一の「月に秋草図屏風」です。 酒井抱一は江戸時代後期に活躍した絵師で、琳派を代表する1人です。琳派の雅な画風を取り入れ詩情ある画風に定評が高く、江戸琳派の祖と言われています。 「月に秋草図屏風」は絹本金地着色ですが、この作品は青貝箔という箔一独自の色彩箔を背景とするなど、元絵とは趣向を違えた独自の世界観を築きました。 元絵と共通するのはは、月光に照らされてわずかに緑色に光る葉や桔梗、芒、女郎花などです。これらは抱一の画風を踏襲しつつも金沢箔がもつ奥行深い色合いで描いています。また月を背景に絶妙な配置で描かれている葛は、ダイナミックに空間に動きを与える効果があり、この特長も元絵と共通しています。 背景の色彩箔は、裏箔(うらばく)という技法で押し紙にしています。裏箔とは鳥の子和紙をベースに箔を貼り、さらにその上から絹の紗を貼った技法の事です。わずかに靄のかかったような光沢を押さえた穏やかな質感となり、月の光と夜空のコントラストを色彩と質感で巧妙に表現しています。 1,620,000